You are here: Home > >

生命保険における引受基準とその緩和

生命保険とは、生命保険加入者が病気や事故などの要因により生じた損失を保障するための保険である。また、生命保険では、その特性上、高齢になるほど病気への罹患率が高くなる事や、死亡率が高まる事を要因として、その加入条件として引受基準が定められている。引受基準とは、生命保険に加入しようとする者の年齢や病歴に条件を課すものであり、年齢とともに高まる病気の罹患や死亡へのリスクを保障する生命保険において、そのシステムを維持する為に引受基準は重要なものである。

この引受基準は生命保険会社にとって非常に重要なものである。その為、生命保険へ加入する際、加入希望者には、年齢や病歴に関する履歴を生命保険会社へ申告しなければならないという、いわゆる告知義務が発生する。この告知義務の中に引受基準に絡む多数の項目が存在しており、年齢や職業を始めとして、病歴や持病の有無など様々な項目について生命保険会社に告知し、生命保険会社がそれらの項目と引受基準を照らし合わせ、妥当であると判断された場合にのみ、生命保険への加入が可能となっている。その為、大きな病気をした過去がある場合や、持病があり通院している場合、年齢が高齢である場合など生命保険への加入が難しい人も存在している。

しかし、最近では引受基準緩和型の生命保険が誕生している。引受基準緩和型生命保険とは、高齢者でも加入でき、かつ告知義務の項目が従来型の生命保険より簡略化され、病歴や持病を持っている人でも生命保険への加入を可能とするものである。しかし、この引受基準緩和型の生命保険では、高齢者や、病歴、持病を持っている人も加入をしやすい保険である反面、生命保険会社にとっては非常にリスクの高まる保険である。その為、従来型の生命保険と比較した場合、その保険料が割り増しとなる事も多い。しかし、生命保険へ加入できるという事実は加入希望者にとっては極めて重要なものであり、今後、引受基準緩和型保険の一般化やサービスの向上が期待される。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans